< 2011年09>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
過去記事
オーナーへメッセージ

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2011年09月04日

夜宮祭

夕方から野田原地区の「三宝寺・弁財天社・厳島神社の夜宮祭」にお招きをいただき、行って来ました。

雨対策で神社の境内の近くの倉庫で行われました。

少しホッとする時間でした。  


Posted by 岸本たけし at 20:43

2011年09月04日

崩壊

遅い昼食をとり、紀の川市の山間部を流れる真国川へ。

川と平行した道路を走って行きましたが、流木や泥がはねあがり、大変な状態です。

川の護岸が崩れ、川沿いに立つ家の柱が浮いています。家が傾く可能性があります。住人のおばあさんは息子さんのお宅に泊まるようでひと安心です。

もうこれ以上、なにも無いことを祈ります。  


Posted by 岸本たけし at 20:05

2011年09月04日

決壊



早朝、携帯電話で目を覚ましました。自宅から直線で1キロあるかないか紀の川市の愛宕池が決壊。飛び起きて現場へ。


すでに県道和歌山橋本線は通行止め。


山側から池の水が県道を横断して流れ込み、


県道を超え畑を流し、紀の川へ流れ込んでいます。


流れた水が駐車場の中に流れ込み、シャッターをつぶして乗用車一台を県道の真ん中に流していました。

現場で話を説明を受けていると、携帯電話が…。河川の護岸がきれていると連絡。現場へ。


対岸からなので分かりにくいが約50mくらい、削れている。携帯で担当部署に電話で対応をお願いする。
そこへ池が決壊したと連絡が入り移動。現場へ。



決壊なのか池の水が水路から土砂とともに流れ、地域の避難場所になっている集会所、道路、畑が埋まっています。



集会所のまわりは、約2メートルほどの土砂が止まり、集会所は床上浸水でありました。
県、市の担当に来てもらい対策を協議。そこに近くの河川が崩れていると連絡。現場へ。


ここも護岸が崩れています。


ここも護岸です。手すりが宙ぶらりんです。

再び、集会所の現場に戻ります。

台風をうらみます…。  


Posted by 岸本たけし at 14:05

2011年09月04日

氾濫

夜、谷川の水が溢れて民家や畑に入りそうだ。と連絡。現場へ。

地元の消防団の皆さんが土嚢を積んでくれ、最悪の状況は回避出来ましたが、これからの雨の状況でどうなるか…。

途中、民家に山水が流れ込むという情報が入りそちらに移動。

大雨の時は、いつも消防団が出動するという。
根本的に解決しなければなりません。

とにかく、雨が止むことを祈ります。

消防団の皆さん、ご苦労様です。  


Posted by 岸本たけし at 02:35