< 2018年09月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
過去記事
オーナーへメッセージ

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2009年10月28日

電車で

久し振りの粉河駅。
会合に出席のため、和歌山市へ。
朝から走り回ったからか車を運転すると眠くなるような気がして電車で向かいます。
寝ても和歌山駅が終点ですから…。
家内には、もっと早く寝た方がいいと言われますが、気になることがあったり、考え込んだり、書類や資料提供を見ていたらどうしても遅くなります。
夜いくら遅くとも朝は必ず長男を学校へ行くのを見送るのが私のささやかなコミュニケーションであります。
私が子どもの頃、学校へ行く時、父はいつも寝ていました。見送ってもらった記憶はありません。
これだけは反面教師かな。


Posted by 岸本たけし at 17:06