< 2018年11月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
過去記事
オーナーへメッセージ

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2010年11月30日

300回

和歌山県議会開会300回記念式典がアバローム紀の国で開催されました。

「議会の将来像」駒澤大学法学部教授大山礼子氏によります記念講演も行われました。

昭和22年5月、新憲法に基づく新しい地方自治制度により、和歌山県議会の臨時議会が開かれて以来、今議会が300回を迎えました。

当時は、戦後占領統治下で、昭和22年4月の選挙で44名の議員が当選し、初の公選知事の召集に応じ、開会されたのがスタートになります。

単純に考えますと、年に4回行われますから、25年で100回行われる計算になります。

この節目に立ち会えたことを光栄に思い、さらに気持ちを引き締め、県民の信託に応えるべく、日々精進しなくてはならないと、あらためて感じました。


Posted by 岸本たけし at 12:32