< 2019年09月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 16人
過去記事
オーナーへメッセージ

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2012年02月02日

現地調査2

宮城県仙台市。

高速道路「仙台東部道路」を調査。

東日本高速道路株式会社東北支社仙台管理事務所の職員さんから説明を受けました。

高速道路の盛り土が防波堤の役割を果たすこと。

高速道路は高い位置にあることから緊急避難場所となること。実際に高速道路に大勢の方が避難されています。

これを受けて、6ヶ所に法面上に階段を設置しています。現在、7ヵ所で設置工事が行われています。

勿論、緊急車両や自衛隊等の移動には必要であります。

やはり、「命の道」です。


Posted by 岸本たけし at 16:15